北朝鮮の金正恩第1書記は21日、戦闘態勢を 準備する軍に命じた。北朝鮮と韓国は20日に軍事境界線を挟んで砲撃を 交わし、南北間の緊張が高まっている。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)によると、金第1書記が韓 国との軍事境界線地帯に準戦時状態を宣言し、現地時間21日午後5時か ら戦闘態勢準備に入るよう前線部隊に命じた。金第1書記は20日、48時 間以内に非武装地帯での対北宣伝放送を停止しなければ、さらなる攻撃 に見舞われると警告していた。これを受けて韓国株は一時2012年以来の 大幅な下げとなった。

韓国国防省によると、北朝鮮は20日午後、南北軍事境界線の南側に 向けて砲弾を撃ち込み、韓国も応戦した。北朝鮮は同日、韓国への攻撃 を否定。韓国は軍に厳戒態勢を敷き、朴槿恵大統領は危機対応に集中す るため公務の予定をキャンセルした。

韓国総合株価指数は一時3%下落したが、その後やや戻した。韓国 と北朝鮮が共同で運営する開城工業団地で操業するロマンソンやシンウ ォンが安い。一方、スペコなどの防衛関連銘柄は上昇した。

韓国企画財政省の周亨煥(チュ・ヒョンファン)第1次官は21日、 記者団に対し、市場動向を注視しており、対北情勢に伴ういかなる混乱 にも対応する措置を講じる用意があると表明。韓国銀行(中央銀行)は 北朝鮮の行動の影響について協議するため会合を開いたと、パク・ソン ジョン報道官が電話取材で明らかにした。

今月4日に韓国軍兵士2人が軍事境界線を挟む非武装地帯で地雷に よる重傷を負って以来、南北間の緊張が高まっていた。韓国は北朝鮮が 地雷を埋設したと非難したが、北朝鮮はこれを否定。その後、韓国が拡 声器による対北宣伝放送を10日に再開したことで、関係はさらに悪化し ていた。

原題:Kim Puts North Korean Army on War Footing as Rhetoric Escalates(抜粋)

--取材協力:Cynthia Kim、Sangwon Yoon、Jiyeun Lee、アンディ・シ ャープ.

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE