NY外為:ドルが対ユーロで続落、9月米利上げ観測が後退

更新日時

20日のニューヨーク外国為替市場ではドルが 下落。トレーダーが来月の利上げ見通しを後退させていることが背景 だ。

ドルは対ユーロで下落。6月以来の水準に下げた。新興市場の波乱 は米国株にも広がった。米連邦準備制度理事会(FRB)が19日公表し た連邦公開市場委員会(FOMC、7月28-29日開催)の議事録によれ ば、当局者は利上げに必要な条件が満たされてないと考えていることが 示唆された。

みずほフィナンシャルグループの為替セールス担当ファビアン・エ リアソン氏(ニューヨーク在勤)は「米金融当局が不透明感を抱いてい ることが強調されていた。市場参加者は9月利上げを見込んでいたが、 今は12月に後ずれさせている」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは主要16通貨の大半に対して 下落。対ユーロでは1.1%下げて1ユーロ=1.1242ドル。対円では0.3% 下げて1ドル=123円40銭。

利上げ後に実効フェデラルファンド(FF)金利が平均0.375%に なるとの仮定に基づけば、市場に反映されている9月会合での利上げ確 率は36%と、議事録公表前の約50%から低下した。

商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、ヘッジファン ドなど大口投機家によるドルのネットロングは11日までの1週間に43 万7635枚と、2月3日終了週以来で最大だった。

ドルが反転も

JPモルガンの外為・金利戦略責任者のジョン・ノーマンド氏は 「ドルは米国以外の経済の弱さに支えられている」と述べ、「これがど れほど続くのかは疑問だ。ドル高に反応し米景気が悪化した途端、ドル が反転することになるだろう」と続けた。

FOMC議事録では、大半の参加者が「政策を引き締める状況には 依然達していないと判断したが、その状況に近づきつつあるとの認識を 示した」と記された。

野村ホールディングスの通貨調査担当マネジングディレクター、イ ェンス・ノルドビグ氏は「議事録は当局者の慎重な姿勢を新たに示し、 当局はインフレが目標値に回帰するとの確信を抱くためにはさらに情報 が必要だとの見解を示した」と述べた。

原題:Dollar Bull Herd Exposed as September Fed Rate-Rise Odds Shrink(抜粋)

--取材協力:三浦和美、Netty Ismail.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE