NY金:大幅続伸、1カ月ぶり高値-9月利上げ観測が後退

20日のニューヨーク金先物相場は大幅続伸 し、1カ月ぶり高値。前日公表された米連邦公開市場委員会 (FOMC)の議事録を受けて、9月利上げ観測が後退した。

ICBCスタンダード・バンクの貴金属ストラテジスト、トム・ケ ンダル氏(ロンドン在勤)は電話取材に対し、「9月利上げへの期待は 薄れ、焦点は12月に絞られつつある。それが金への買いを促している」 と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比2.2%高い1オンス=1153.20ドルで終了。一時は1153.70 ドルまで上昇し、7月15日以来の高値に達した。

銀先物12月限は2.2%高い15.562ドル。プラチナとパラジウムも上 昇した。

原題:Gold Climbs to One-Month High as Bets Fall on U.S. Rate Increase(抜粋)

--取材協力:Ranjeetha Pakiam.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE