北朝鮮と韓国、軍事境界線挟み砲撃交わす-緊張悪化の中

更新日時

北朝鮮が20日、南北軍事境界線の南側に向け てロケット弾を発射し、韓国も反撃した。

2010年に韓国軍兵士と民間人それぞれ2人が死亡した北朝鮮から韓 国への砲撃以来、最も深刻な応酬の一つとなった。死傷者が出たかどう かは不明。

韓国軍兵士が軍事境界線を挟む非武装地帯(DMZ)で地雷による 重傷を4日に負って以来、南北間の緊張が高まっていた。韓国側は北朝 鮮が地雷を埋設したと非難、北朝鮮はこれを否定している。

韓国が拡声器を使ってDMZの北側に向け政治宣伝放送を始め、関 係はますます悪化していた。北朝鮮はこの日、韓国側が宣伝活動を完全 に停止し48時間以内に拡声器を撤去しなければ「軍事行動を開始する」 と警告した。

10年の事件の後、昨年も両国の艦船が黄海上で警告砲撃を交わし た。韓国国防省の電子メールでの発表によれば、韓国軍は警戒水準を高 レベルに維持し、情勢を注視している。北朝鮮側はロケット弾1発を発 射し、韓国は「数十発」を撃ち返したという。

原題:North, South Korea Trade Fire Along Border as Tensions Worsen(抜粋)