中国株:上海総合、2週間ぶり安値-景気減速と資本流出懸念

更新日時

20日の中国株式相場は下落。上海総合指数が 2週間ぶりの安値を付けた。政府による新たな相場支援への期待もあっ たが、景気減速と人民元安で資本流出が加速するとの懸念が根強かっ た。

上海総合指数は前日比3.4%安の3664.29と、6日以来の安値で終 了。本土証券取引所の上場銘柄の約17%が引き続き売買停止だった。 CSI300指数は前日比3.2%安と、6週間ぶりの安値を付けた。

香港市場では中国本土株で構成されるハンセン中国企業株(H株) 指数が前日比2.3%安で終了。ハンセン指数は同1.8%安と、弱気相場入 りまで3ポイント内で引けた。

浙商証券の張延兵アナリスト(上海在勤)は、「市場心理は依然弱 く、上海総合指数は短期的に3500から3900のレンジ相場になるだろう」 と分析。「中国株式相場が安定するかは今後の経済指標と一段の緩和策 にかかってくるだろう」とコメントした。

本土市場で広州白雲山薬業(600332 CH)が10%安。中国船舶重工 (601989 CH)は9%下落。浙江核新同花順網絡信息(300033 CH) は10%安。同社は中国証券監督管理委員会(証監会)の調査を受けてお り、一時的に上場廃止となる恐れもあると発表した。

原題:Chinese Stocks Resume Rout on Economy, Capital Outflow Concerns(抜粋) Hong Kong Stocks Slump as Bear Market Approaches; Cathay Slides (抜粋)

--取材協力:Kyoungwha Kim.