トヨタ、天津工場で生産停止延長-爆発で中国操業の影響拡大

トヨタ自動車は中国・天津での爆発事故を 受けて、現場近くにある合弁工場の生産停止を22日まで延長する。長春 の工場でも部品調達の遅れで生産に影響が出ている。

トヨタ広報担当のニコラス・マックフィールド氏は電子メールで、 天津一汽トヨタは現場近くの安全が確認されるまで生産を再開できない と説明した。また、四川一汽トヨタの長春にある「RAV4」の生産工 場は部品供給の遅れで20-21日の操業を停止し、月内に2日間の振替操 業を予定しているという。

天津の化学品貯蔵所で12日に起きた爆発では、死者が114人に上 り、70人の行方が分からないままとなっている。トヨタではこの爆発 で、現場近くに住んでいた従業員67人が負傷したという。

国土交通省の2012年の統計によると、天津港は貨物取扱量が世界3 位で中国北部への自動車輸送拠点となっている。現場周辺には避難勧告 が出ており部品調達に支障が出ている。

原題:Toyota Widens China Production Shutdowns on Tianjin Explosions(抜粋)

--取材協力:萩原ゆき.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE