ユーロ圏財務相、第3次ギリシャ支援を正式承認-資金供与へ

更新日時

ユーロ圏財務相は19日、総額860億ユーロ (約11兆8000億円)規模の第3次ギリシャ支援プログラムを正式承認し た。ギリシャの債務支払いや経済再建に道が開かれた。

ギリシャは20日に欧州安定化メカニズム(ESM)から初回の資金 供与を受ける予定で、欧州中央銀行(ECB)などの債権者への支払い に間に合う見通しとなった。ユーロ圏財務相は19日の電話会議で承認し た。

ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のデイセルブルム議長(オ ランダ財務相)は「ギリシャ政府はこの広範な改革プログラムを決意を もって実行しなければならず、われわれはそのプロセスを注視してい く」と発言。「これは簡単ではないだろう。今後、問題に突き当たるに 違いないが、それに対応できると信じている」と語った。

何カ月にもわたった交渉と、ギリシャや債権国の議会における紛糾 の末に支援プログラムは正式承認に至った。ドイツとオランダの議会は この日、同プログラムを承認した。反対派の抑え込みを図ったメルケ ル、ルッテ両首相の努力が報われた形となった。

ギリシャは20日に130億ユーロを受け取り、さらに銀行増資に利用 可能な100億ユーロがESMの特別口座に振り込まれる。さらに11月末 までに30億ユーロが供与される予定。

欧州連合(EU)欧州委員会のセルマイヤ報道官はツイッターで 「大変な作業の末、ようやく成し遂げた。ユーロ圏全体が新たなギリシ ャ安定化支援で合意した」と述べた。

欧州委のドムブロフスキス副委員長がEUを代表して署名した。 ESMの声明によれば、ギリシャのツァカロトス財務相とESMの責任 者、クラウス・レグリング氏も署名する。

原題:Euro Area Agrees on 86 Billion-Euro Bailout Deal for Greece(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE