NY外為:ドル下落、FOMC議事録で9月利上げ観測が後退

更新日時

19日のニューヨーク外国為替市場でドルが下 落。連邦準備制度理事会(FRB)が公表した連邦公開市場委員会 (FOMC、7月28-29日開催)の議事録を受けて、市場では9月利上 げ観測が後退した。

議事録では、大半の参加者が「政策を引き締める状況には依然達し ていないと判断したが、その状況に近づきつつあるとの認識を示した」 と記された。

USバンク・ウェルス・マネジメント(ミネアポリス)の債券調査 責任者、ジェニファー・ヴェイル氏は「市場は議事録のハト派部分に注 目しているようだ」と述べ、「当局者は特にインフレ部分を注視してい る。インフレが目標値である2%に回帰しているとの確信を持つために はさらにデータが必要だ」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを 示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%低下して1208.26。ド ルは対ユーロで0.9%下げて1ユーロ=1.1120ドル。対円では0.5%安の 1ドル=123円80銭。

利上げ見通し

利上げ後に実効フェデラルファンド(FF)金利が平均0.375%に なるとの仮定に基づけば、市場に反映されている9月会合での利上げ確 率は約36%と、議事録公表前の50%から低下した。

シリコン・バレー・バンク(カリフォルニア州サンタクララ)の上 級為替トレーダー、ミン・トラン氏は「議事録からは当局は利上げを考 えているが非常に慎重に進める姿勢が示された」と述べ、「弱気な議事 録だ。初回利上げ後の行動を決めるにはさらにデータを集める必要があ ることが読み取れるからだ」と続けた。

労働省の発表によると、7月の消費者物価指数(CPI、季 節 調 整済み)は前月比で0.1%上昇と、前月の0.3%上昇から伸びが鈍化し た。

インベスコ・パワーシェアーズでシニア株式商品ストラテジストを 務めるニック・カリバス氏は「9月に金融当局が動くとの確信を持てる ほどインフレは十分ではない」と述べた。

原題:Dollar Falls as Traders Trim Bets on September Fed Rate Increase(抜粋)