FOMC議事録:利上げ開始の環境整いつつある

更新日時

米連邦準備制度理事会(FRB)が19日公表 した連邦公開市場委員会(FOMC、7月28-29日開催)の議事録によ れば、当局者らは、利上げに向けた環境は整いつつあるとした一方、労 働市場に一段の改善余地があるほか、インフレ率が目標に向けて上昇す るとの確信を深める必要があるとの認識を示した。

議事録では、大半の参加者が「政策を引き締める状況には依然達し ていないと判断したが、その状況に近づきつつあるとの認識を示した」 と記された。

その上で、「ほぼ全メンバー」が「経済成長が十分力強く、また労 働市場の状況について、インフレ率が中期的に委員会の目標に戻ってい くと合理的に確信できるだけの改善を見せたというさらなる証拠が必要 になる」との見解を示した。「メンバー」とは、FOMCで投票権を持 つ参加者を指す。

インフレ率については、当局の目標に向けて上昇させるのに何が必 要かについて当局者から問題の提起があった。労働需要は拡大している ものの、「なお全般的な賃金上昇にはつながっていないと思われる」と 指摘した。

議事録では「賃金の上昇が加速し始める時期や、それが物価上昇の 加速につながるかどうかについて、かなりの不確実性が残っている」と 指摘。

その上で、「大部分」の当局者は、エネルギー価格やドル上昇によ るインフレへの下向きの圧力は「一過性のものにとどまる」と予想し た。

原題:Fed Officials in July Saw Rate Rise Conditions Approaching (1)(抜粋)