ノルウェー政府系ファンド、3年ぶりに損失-債券下落が響く

8700億ドル(約108兆円)規模の政府系ファ ンド(SWF)であるノルウェーの「政府年金基金グローバル」は、4 -6月(第2四半期)の運用成績が3年ぶりにマイナスとなった。株式 のほか、特に債券相場の値下がりが響き、計730億クローネ(約1 兆1000億円)が失われた。

運用成績はマイナス0.9%。保有株式は0.2%、債券は2.2%それぞ れ目減りした。同ファンドが19日発表した。保有不動産は2%値上がり した。

ファンドを運営するノルウェー中央銀行投資運用部門(NBIM) のイングベ・スリングスタッド最高経営責任者(CEO)は「当ファン ドの主要市場での債券利回り上昇が、債券投資のリターンに影響した」 と説明した。「株式では米国株の下落がリターンを押し下げた」と付け 加えた。

同CEOはまた、先進国・地域の中銀の景気刺激策が債券利回りを 記録的低水準としていることから、ファンドの投資リターンは低下する だろうとの見通しも示した。

6月末時点の保有資産内訳は株式が62.8%と、3月の62.5%から幾 分拡大。債券は34.5%(3月は35.5%)、不動産が2.7%だった。 約60%を株式、35%を債券、5%を不動産とすることを政府が定めてい る。

原題:Norway Wealth Fund Posts First Drop in Three Years on Bonds (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE