中国翌日物金利、4月以来の高水準-元買い介入で流動性懸念

中国の短期金融市場で19日、翌日物金利が上 昇し、4月以来の高水準に達した。中国人民銀行(中央銀行)による人 民元買いの市場介入で流動性が吸収されるとの観測が広がった。

銀行間資金の取引センターNIFCがまとめた加重平均によれ ば、、翌日物レポ金利は上海時間午前11時16分(日本時間午後0時16 分)現在、3ベーシスポイント(bp、1bp=0.03%)上昇の1.76% と、4月27日以来の高水準。7日物レポ金利は2bp上昇し2.52%と、 7月27日以来の高水準となった。

原題:China Money Rate Rises to Four-Month High on Intervention Bets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE