アポロにシーザーズの経営権譲渡要求、破綻部門債権者-関係者

米カジノ運営会社シーザーズ・エンターテイ ンメントのオーナーの1社である米代替資産運用会社アポロ・グローバ ル・マネジメントは、シーザーズがまとめた再建計画に強く反対してい る債権者から、同社の経営権譲渡を求める最後通告を受けた。

計画に反対しているのは破産手続きが申請されたシーザーズ主要部 門の劣後債保有者で、今月の会合で経営権譲渡を要求した。事情に詳し い関係者2人が明らかにした。債権者は経営権を取得した上でシーザー ズを通じ、複数の黒字部門を破綻処理の枠組み外で管理下に置く方針 だ。

債権者側は要求を受け入れてもらう代わりに、破綻に絡んで起こし た訴訟を取り下げる考え。協議は非公開だとして関係者らが匿名で語っ た。アポロは要求を拒否したが、両者の交渉は続いているという。

債権者側の提案ではアポロやTPGキャピタル、共同投資家がシー ザーズの買収などに注ぎ込んだ44億ドル(約5500億円)の多くが失われ る計算だ。買収合意がまとまったのは2008年の金融危機の前だった。

原題:Apollo Said to Get Caesars Creditor Demand to Abandon Parent (1)(抜粋)