中国人民元、対ドルで下落-株価変動拡大で資本流出懸念

更新日時

中国人民元は19日、ドルに対して下落。本土 株の変動が再び大きくなり、世界2位の経済大国である中国の景気見通 しが悪化する中で資本流出が加速するとの懸念が広がった。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海 市場で前日比0.03%安の1ドル=6.3955元で終了。

中国人民銀行(中央銀行)はこの日の中心レートを前日の水準とほ ぼ変わらない6.3963元に設定。上海での前日終値に近い水準だった。本 土市場で人民元の対ドル相場は、営業日ごとに設定される中心レートか ら上下2%までの変動が認められている。

ブルームバーグの集計データによれば、香港オフショア人民元 は6.4367元とほぼ変わらず。前日まで4営業日続伸し、上昇率は1.3% に達していた。

原題:China’s Yuan Falls as Stock Slump Prompts Concerns About Economy(抜粋)