バフェット指標が警告、日本株は割高-時価総額の対GDP比

米オマハの賢人、ウォーレン・バフェット氏 が株価を評価する上で注目している指標のひとつでは、日本株は既に割 高とのシグナルが点灯している。4-6月期の国内総生産(GDP)は 3期ぶりのマイナス成長となったが、株価は堅調を維持している。

4-6月期のGDPは個人消費と輸出の低迷を背景に、前期比年 率1.6%減と3四半期ぶりにマイナスとなった。一方、東証1部全体の 値動きを示すTOPIXは2007年以来の高値水準に達しており、10日に は東証1部の時価総額が610兆円と過去最高を更新した。

賢人が愛用する指標は株式時価総額とGDPは同じ比率で推移する との前提に立ったもので、GDPに対する株式時価総額の比率を指数化 し、「バフェット指標」と呼ばれる。東証1部時価総額の名目GDP比 は117.3%で、100%を超えたのは3四半期連続だ。

みずほ証券の上野泰也チーフマーケットエコノミストは、「日本株 はバブルの域に入っている」との見方を示した。

上野氏は、現在の株高の原動力はグローバルな金余りと官製相場だ と分析。具体的には、昨年10月末の日本銀行の追加緩和による指数連動 型上場投資信託(ETF)の買い増しと公的年金の基本ポートフォリオ 見直しだと言う。18日時点でTOPIXは年初来19%上昇、12年12月の 第2次安倍政権発足以降では約2倍になっている。

上野氏は、株価が上がればなんとかなるというのは、景気回復の実 感がないと感じている人が多いことからもわかるように無理があり、政 府が目指している景気の好循環を回すというのは難しいと指摘。「株価 とは関係なく、消費が大幅に減少したという事実があるわけだから、株 価浮揚作戦というのは失敗していると思う」と述べた。

一方、株価水準でみると、現在の日本株は歴史的にまだ低い水準に あり、TOPIXはバブル最盛期だった1989年に比べると約42%安い。 また、予想株価収益率(PER)は、TOPIXが16倍と米国のS& P500種株価指数の約18倍より割安だ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE