本田内閣参与:最大3.5兆円の経済対策が必要-消費てこ入れに

日本政府は消費てこ入れと一段の景気縮小阻 止のため最大3兆5000億円規模の景気対策を打つべきだと、安倍晋三首 相の政策ブレーンである本田悦郎内閣府参与が述べた。

本田参与(60)は18日首相官邸で英語のインタビューに応じ、「家 計は所得が減ったと感じている」とし、「前回の増税による負の影響は 薄れつつあるものの、賃金の伸びは予想より小さい一方、食品や日用品 は値上がりしている」と語った。

4-6月(第2四半期)の国内総生産(GDP)は前期比年 率1.6%減。個人消費と設備投資が減少、輸出も低迷した。

本田参与は低所得世帯と年金生活者を支援するために3兆-3 兆5000億円の経済対策が必要だと指摘。公共事業に投じるよりも、クー ポンや子育て支援など補助金として配布するのがよいとの考えを示し た。財源には新規国債発行よりも想定を上回る税収を充てられるとも話 した。

また、日本銀行による追加緩和よりも財政出動の方が効果的だとの 見方を示した。現時点で追加緩和は不要なものの、インフレ期待が低下 した場合には追加緩和があり得るとも指摘した。

「警戒を怠るべきではない。日銀が次の緩和措置を打ち出す可能性 はもちろんある」と語った。

原題:Abe Aide Says Japan Needs 3.5-Trillion Yen Economic Package(抜粋)

--取材協力:John Fraher.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE