NY原油(18日):反発、米在庫4週連続で減少との観測

18日のニューヨーク原油市場でウェスト・テ キサス・インターミディエート(WTI)先物は反発。米エネルギー情 報局(EIA)が19日に発表する週間在庫統計で、米国内の原油在庫が 4週連続で減少したことが示されるとの観測が広がった。

プライス・フューチャーズ・グループ(シカゴ)のシニア市場アナ リスト、フィル・フリン氏は電話取材に対し、「市場は在庫統計と20日 の9月限最終取引に注目している」と指摘。「在庫は再び取り崩されて いるだろう」と予想した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前日 比75セント(1.79%)高い1バレル=42.62ドルで終了。

原題:Oil Rises on Expectation U.S. Stockpiles Dropped for Fourth Week(抜粋)

--取材協力:Grant Smith.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE