バーツ中心にアジア通貨下落-アジア株と原油、人民元も下げる

更新日時

18日の金融市場では、前日に爆弾事件が発生 したタイの通貨バーツを中心にアジア通貨が下落。ここ3年で最長の下 落局面へと向かっている。インドネシアでは輸出が2012年以来で最大の 落ち込みとなり、ルピアも安い。アジア株と原油、中国人民元も下落し ている。

ブルームバーグ・JPモルガン・アジア・ドル指数の下げは6営業 日目となり、東京時間午後2時52分現在バーツは0.6%安、ルピア は0.4%安。人民元は本土市場で一時0.3%安と3営業日ぶりの大幅な値 動きとなり、中国株も下落。ニューヨーク原油相場は0.3%安の1バレ ル=41.73ドル。

バーツは1ドル=35.581バーツ。一時は0.8%安となり09年以来の 安値を付けた。ルピアは1ドル=13846ルピアと17年ぶり安値。マレー シア・リンギットも0.6%下げ、アジア通貨危機の1998年以来の安値と なっている。

原題:Baht Drops on Bomb as Asian Currencies Fall Sixth Day; Oil Slips(抜粋)

--取材協力:Liau Y-Sing.