米ターゲット:顧客データ流出をめぐりビザと和解

米小売りチェーン大手ターゲットは2013年の ホリデー期間中にハッカー攻撃を受け、数百万人の顧客の個人情報が流 出した問題をめぐり、電子決済ネットワークの米ビザと和解に至った。

ターゲットは18日、「当社はデータ流出に関連してビザと和解に至 り、喜ばしい」とのコメントを発表。これとは別に、ビザもターゲット と和解に至ったことを確認した。米紙ウォールストリート・ジャーナル (WSJ)によると、ターゲットは今回の合意に基づき、ビザカードを 発行する複数の銀行に最大6700万ドル(約83億円)を支払う。WSJは 状況に詳しい複数の関係者を匿名で引用して報じた。

原題:Target Says It Has Reached Settlement With Visa Over Data Breach(抜粋)

--取材協力:Elizabeth Dexheimer.