中国株式市場、最富裕層が脱出-政府介入に乗じて保有株売却

中国株式市場では最富裕層の脱出が活発にな っている。

中国の決済機関によれば、株式の口座残高が1000万元(約2億円) を超えるトレーダーの数は7月に28%減少した一方、10万元未満のトレ ーダーの数は8%増加した。減少については市場価値の低下で部分的に 説明がつく一方、過去最長の強気相場が6月にピークを付けた後、中国 の富裕層が政府の介入をうまく利用して保有株式を売却したとCLSA は指摘する。

低調な企業決算や世界的にも高いバリュエーションといった状況の 中、最富裕層の投資家らにとって中国株を保有する理由は減っている。 8月の人民元切り下げで資本流出の圧力は強まっており、政府が前例の ない救済措置を縮小させた後に価格を押し上げるだけの購買力があるの か、強気筋は疑問視し始めている。そうした懸念も背景に、18日の市場 では上海総合指数が6%超下落した。

CLSAの中国・香港戦略担当責任者、フランシス・チョン氏(香 港在勤)は電子メールで、「相場を動かしたのは富裕層の顧客だ」と指 摘。「彼らは情報通だ」と続けた。

経済成長のペースが1990年以降で最低となる中、上海総合指数の構 成銘柄のうち62%超で、2014年の利益がアナリスト予想を下回った。

チョン氏は「上海A株市場にはファンダメンタルズ面でのサポート があまりない」とし、「企業決算は低調だ」と続けた。

中国証券登記結算(CSDC)のデータによれば、株式の保有残高 が100万-1000万元の投資家の数は7月に前月比で22%減少した。

北京理工大学の胡星斗教授(経済学)は、「弱気相場を経験してい る富裕層の投資家は、上手に市場から抜け出している」と説明した。

原題:China’s Richest Traders Are Fleeing Stocks as the Masses Pile In(抜粋)

--取材協力:Zhang Shidong、Amanda Wang、Kana Nishizawa、Allen Wan、Helen Yuan.