中国のレノボ、インドでスマホ生産-シェア拡大狙い現地進出

中国のレノボ・グループ(聯想集団)は受託 製造業者のフレックスを通じて、インドでのスマートフォン生産を始め た。製造業への投資促進を目的にインドが輸入税が引き上げたことを受 け、現地生産に切り替えた。

インド南部チェンナイ近郊にあるフレックスのスリペルムブドゥル 工場でレノボとモトローラ両ブランドのスマホが生産される。同一工場 での両ブランドの生産は初めて。レノボ・インディアのアマル・バブ会 長は電話インタビューで述べた。レノボの発表資料によれば、両ブラン ドはそれぞれの製造ラインを持つ。年間生産能力は合わせて600万台と なる見通し。

今年に入ってから台湾系のフォックスコン・テクノロジー・グルー プも、小米やワンプラスなど中国ブランドのインドでの生産を開始。製 造業振興に向けモディ首相が打ち出した「メーク・イン・インディア」 キャンペーンで誘致された中国系メーカーとしては、レノボがこれまで で最大。インドは世界3位のスマホ市場で、各メーカーはシェア拡大を 狙っている。

原題:Lenovo Becomes Biggest China Phone Brand to ‘Make in India’ (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE