観光客呼び込み狙う韓国の賭け-美容整形を免税対象に追加へ

韓国は観光客の免税対象品目にフ ェイスリフトや豊胸手術、脂肪吸引を加える方針で、免税販売を全く新 しいレベルに引き上げる。

中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染拡大で経済が 打撃を受け、何としても観光業の振興を図りたい韓国は来年4月から1 年間にわたり美容整形で観光客に10%の還付を実施する。MERSの影 響で韓国への観光客は6月に前年同月比で40%余り減少した。

韓国で実施された美容整形手術の件数は人口の約2%に相当。同国 は美容整形でほぼ間違いなく世界の重要拠点となっている。国際美容外 科学会(ISAPS)によると、昨年行われた手術は全世界で400万件 超だったが、韓国はその約5%を占め、米国とブラジル、日本に次いで 多い。

当局者は免税措置がより多くの観光客を呼び込み景気を押し上げる と期待している。韓国の4-6月(第2四半期)の国内総生産 (GDP)は前期比0.3%増加にとどまった。韓国観光公社によると、 メディカルツーリズムの市場規模は2012年時点で7263億ウォン(約760 億円)だが、政府はこれを20年までに約3兆5000億ウォン(GDPの 約0.2%相当)に拡大したい考えだ。

原題:Korea’s Bet to Lure Tourists: Tax Breaks on Breast Augmentation(抜粋)