ノルウェーSWF、韓国ポスコと大宇国際を投資対象から除外

ノルウェーの8750億ドル(約109兆円)規模 の政府系ファンド(SWF)は、韓国の大宇国際とポスコを投資対象か ら除外した。両社がパーム油生産に関与していることを理由として挙げ た。

同SWFに助言を行うノルウェーの倫理評議会は17日、ウェブサイ トで発表したリポートで「大宇と親会社のポスコについては、インドネ シアの熱帯林の油ヤシ農場への転用に関連し深刻な環境被害に責任があ る可能性があり、許容できないリスクがある」と指摘した。

同SWFは文書で、「深刻な環境被害のリスク」を理由にマレーシ アのIJMとゲンティンにも投資しない方針を示した。両社もパーム油 事業を運営している。

同SWFは人権や一部の武器生産、環境、たばこなどに関する倫理 規則を考慮。倫理評議会の勧告に従い、60社余りを投資対象から除外し ている。

原題:Norway’s Wealth Fund Excludes Posco, Daewoo International (2)(抜粋)

--取材協力:Shamim Adam、Shinhye Kang.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE