サウジ女性、インスタグラム活用しビジネス-性別の制約回避

サウジアラビアのジッダでアクセサリー事業 を始めた時、従来の方法を選んでいたら、ロザーナ・ダイニ氏は政府機 関での手続きや公文書への署名の際、男性スポンサーに協力を求め自分 の代理になってもらわなければならなかっただろう。

しかし、ダイニ氏は宝飾品や腕時計、財布をインスタグラムで販売 する。インスタグラムを使えば、サウジで事業を運営する女性たちは立 ちはだかる性別上の制約を回避することができる。同氏が2年前に開業 した「Accessories_ar」は従業員2人でフォロワーが6万7000人。1日 に最大25件の注文を処理している。同事業はダイニ氏に、自分自身で得 る収入という、この上ない自信を与えた。

ダイニ氏(20)は電話インタビューで「金銭的なことなど、どんな 問題や困難も家族に干渉されずに解決することができる」と語る。

サウジではダイニ氏のようにインスタグラムを利用して事業を始め る女性が増加。女性は自動車の運転が認められず、男性の保護者による 介入を必要とすることが多い同国で、女性事業者が市場シェアを拡大し 制約に風穴を開けつつある。こうした女性たちは非公式経済の一部であ り、サウジの女性雇用者の統計には含まれていない。同国では2010-14 年に女性雇用者数が48%増え約80万6000人に達した。

サウジでは故アブドラ国王の女性雇用推進策により女性の就労ペー スは男性より高いものの、政府のデータによれば昨年の女性の失業率 は33%と男性の5.9%を大幅に上回った。

原題:Saudi Businesswomen Tap Instagram to Bypass Men, Attract Clients(抜粋)