中国中銀、資金供給を3倍に拡大-切り下げ後の人民元下支え

更新日時

中国人民銀行(中央銀行)は18日、公開市場 操作(オペ)を通じた金融システムへの資金供給規模を前回の3倍に増 やした。人民銀は先週の実質切り下げ後に人民元相場を支える姿勢を示 しており、潤沢な流動性供給の確保につなげる。

人民銀は7日物リバースレポで1200億元(約2兆3400億円)を供給 したとウェブサイトで発表した。これは2014年1月以降で最大。前回13 日に実施したリバースレポの規模は400億元だった。18日に満期を迎え る分は500億元。今回のリバースレポの提示金利は2.5%で前回と変わら なかった。

DBSグループ・ホールディングスの債券ストラテジスト、ユージ ン・リュウ氏(シンガポール在勤)は「人民銀が相場安定を図ってお り、国内金融システムの適切な機能を確保する潤沢な流動性の維持が欠 かせない」と指摘。「先日の切り下げで元が中期的に一段と下落すると の観測が強まっている」と述べた。

銀行間資金の取引センターNIFCによる加重平均で、翌日物レポ 金利は上海時間午前10時26分(日本時間同11時26分)現在、前日比1ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.70%と、4月28日以 来の高水準。

原題:PBOC Triples Cash Injections to Support Yuan After Devaluation(抜粋)

--取材協力:Jimmy Zhu.