日本の米国債保有は2013年以来の低水準に-6月178億ドル減

更新日時

日本の米国債保有は2013年以来初めて1 兆2000億ドル(約149兆円)を割り込んだ。

米財務省が17日公表した対米証券投資統計によれば、日本の米国債 保有残高は6月に前月比178億ドル減少して1兆1970億ドル。過去2年 で最大の落ち込みとなった。中国の米国債保有残高は約9億ドル増加し て1兆2700億ドル。

同統計によると、6月の外国勢による米国債投資は698億ドルの買 い越しで14年2月以来最大。5月の534億ドルの買い越しから購入ペー スが加速した。一方で外国勢は、米国株を売り越し、社債購入を減らし た半面、米政府機関債の購入を増やした。

米財務省の統計には国際資本フローのデータも含まれており、6月 の外国勢による米長期証券投資は1031億ドルの買い越しだった。財務省 短期証券(TB)や株式スワップなどの短期証券を含む全体では1103億 ドルの流出となった。

原題:Japan’s Holdings of Treasuries Dip to Lowest Level Since 2013(抜粋)