タイ:4-6月GDP、前年同期比2.8%増に鈍化-予想通り

タイ経済は4-6月(第2四半期)に成長率 が鈍化した。政府支出や観光業は改善されたが、内需と輸出の弱さが響 いた。

国家経済社会開発庁(NESDB)が17日発表した4-6月の国内 総生産(GDP)は前年同期比2.8%増加。ブルームバーグがまとめた アナリスト22人の予想中央値と一致したものの、前期(3%増)を下回 る伸びにとどまった。4-6月GDPは前期比では0.4%増だった。

カシコーン・リサーチのエコノミスト、ピモンワン・マハッチャリ ヤウォン氏(バンコク在勤)は統計発表前の段階で、「中国の人民元切 り下げは輸出を一層圧迫することになり、タイにとって良いニュースで はない。政府支出と観光業は成長をけん引できる2つしかないエンジン だが、人民元切り下げで今や見通しが悪化した」と指摘した。

原題:Thai GDP Growth Slowed Last Quarter, With Yuan Denting Outlook(抜粋)

--取材協力:Michael J. Munoz.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE