ハーバードなど米トップ大学もツイッター株を売却-届け出

米簡易ブログ運営会社ツイッターの株価が下 落するなか、ハーバード大学を含む米トップ大学は第2四半期にツイッ ターの持ち株を縮小した。

監督当局への届け出によると、364億ドル(約4兆5274億円)の寄 付金を持つ世界で最も裕福な大学であるハーバードは第2四半期にツイ ッター株2万9856株を売却した。同大学が保有するツイッター株の価値 は同期に220万ドル下がった。イエール大学とスタンフォード大学もツ イッター株を売却した。

ツイッターは売上高見通しを引き下げたほか、ユーザーや広告主か らの関心が薄れていると警戒感を示したことが嫌気され、4月以降、株 価が下落している。株価は4カ月前に記録した年初来高値の52.87ドル から50%近く下落した。

モネス・クレスピ・ハートのアナリスト、ジェームズ・キャクマッ ク氏は「ユーザーの伸びが停滞している」と述べ、「そのことが投資家 に不安を与えた」と続けた。

イエール大学は3万4345株、スタンフォードは約1万8000株を売却 した。

原題:Harvard and Other Top Schools Joined Twitter Share Sell-Off(抜粋)

--取材協力:Lauren Streib.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE