ドイツ財務相、第3次ギリシャ支援の支持を議員に呼び掛け

更新日時

ドイツのショイブレ財務相は議員らに宛て た17日付の書簡で、第3次ギリシャ支援を支持するよう呼び掛けた。国 際通貨基金(IMF)は支援への参加を表明していないものの、同プロ グラムは「持続可能な道筋」を開くものだと訴えた。

同書簡は19日の連邦議会(下院)採決に向けたメルケル首相の根回 しの一環。ドイツなど数カ国は、ギリシャにさらなる経済改革と緊縮策 を義務付ける860億ユーロ(約11兆9000億円)規模の支援プログラムを 議会で採決する。

IMFは第1回査定の報告を確認した上で救済に関与するかどうか を決めるとしているが、メルケル首相は秋にはIMFが支援に参加する と見込んでいると述べてきた。しかし同首相率いるキリスト教民主・社 会同盟 (CDU・CSU)陣営の一部は納得しておらず、造反拡大の 恐れが強まっている。

メルケル首相率いる与党陣営は、欧州債務危機の初めから一貫して 救済を支持。しかし投票の度に造反者は増えており、先月のギリシャ金 融支援交渉入りに関する採決では311人中60人が造反した。

原題:Schaeuble Seeks Yes Vote on Greek Bailout as IMF Set Aside (1)(抜粋)

--取材協力:Brian Parkin.