バンコクの繁華街で爆発、外国人含む少なくとも19人死亡

更新日時

タイの首都バンコク中心部の繁華街で17日夜 に大きな爆発があり、少なくとも19人が死亡した。

爆発はラッシュアワーの時間帯にラチャプラソン交差点で起きた。 現場の周囲にはショッピングモールや高級ホテルのほか、観光客や地元 市民も訪れるヒンズー教のエラワン廟(びょう)がある。タイの軍事政 権は、観光業に依存する同国経済に壊滅的な打撃を与えようとする複数 の人物による犯行だと指摘した。

タイ保健省によると、この爆発で中国人とフィリピン人の観光客を 含む19人が死亡。またタイ国立救急医療センターによれば、現在負傷 者117人が手当てを受けており、うち多くは外国人だという。

プラウィット国防相は記者団に対し、「爆発が市の中心部で起きて おり、犯人の目的はタイの経済と観光業に壊滅的な打撃を与えることだ ったといえる」とし、「使用された道具の種類から、人に危害を加え、 暴力を生み出す意図があったことは明白であり、許しがたい行為だ」と 述べた。

原題:Bangkok Bomb Attack Kills at Least 19, Including Foreigners (3)(抜粋)