アジア・太平洋株式サマリー:香港、インド株下落-中国上げる

アジア・オセアニア各株式市場の動きは以下 の通り。

【中国・香港株式市況】

香港に上場している中国株の指標、ハンセン中国企業株(H株)指 数は17日、約8カ月ぶりの安値を付けた。人民元の先安観と景気の先行 き懸念が広がり、外国人投資家が資金を引き揚げた。

H株指数は前週末比0.9%安の10962.24で終了。中国政府が天津港 での爆発による影響を食い止めようとする中、保険株が売られた。保険 2位の中国平安保険(集団、2318 HK)が1%安と3月13日以来の安 値。中国人寿保険(2628 HK)は1.6%安、中国太平洋保険集団(2601 HK)が1.4%下落。ハンセン指数は0.7%安で引けた。

天津港発展(3382 HK)は13%安。2009年3月以来の大幅な下げと なった。

中国本土株の指標、上海総合指数は前週末比0.7%高で引けた。航 空株主導で終盤に持ち直した。CSI300指数は0.1%高。

デルタ・アジア・セキュリティーズのストラテジスト、岑智勇氏 (香港在勤)は、「投資家は人民元の下落が今後も続くと見込んでい る」と分析。元安が続けば、外国人にとって中国資産の魅力が落ちる一 方、政府が株式市場から手を引けば、投資家がさらに中国株を敬遠する ことになるだろうと指摘した。

【インド株式市況】

17日のインド株式相場は反落。指標のS&P・BSEセンセックス は前週末に3カ月ぶり大幅高となっていた。輸出不振を受けて通貨ルピ ーは2年ぶり安値。

医薬品メーカーのシプラは上場来高値から反落。銅生産のベダンタ とアルミ会社ヒンダルコ・インダストリーズも大きく下げた。製油のリ ライアンス・インダストリーズは1.7%下げ、インド石油ガス公社 (ONGC)は約2年ぶりの安値を付けた。

センセックスは前週末比0.7%安の27878.27で取引を終了。14日の 取引終了後に発表された貿易収支によれば、7月の輸出は2009年以降最 長の8カ月連続前年割れとなった。

ブルームバーグの集計によれば、ルピーの対ドル相場はこの日の取 引を0.5%安の1ドル=65.3125ルピーで終了。日中は65.3750ルピー と、13年9月以来の安値を付けた。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前週末比0.2%高の5367.66。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前営業日比0.8%安の1968.52。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比1.1%安の8213.42。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE