ブラジルの主要都市で反政府デモ-汚職と経済の失政に抗議

ブラジルのルセフ大統領が政治危機脱出に向 けて政権の立て直しを目指す中で、同国の主要都市では16日、汚職と経 済政策の失敗に抗議する大規模なデモが行われた。

デモ参加者は午後の半ばごろまでに数万人に膨れ上がり、その多く がルセフ大統領の退陣や弾劾を求めた。ブラジリアではデモ隊が国会を 目指して行進。リオデジャネイロの海辺やサンパウロの目抜き通りも反 政府のスローガンを叫ぶ人々で埋め尽くされた。

ブラジリアのエンジニア、グスタボ・ラウリノさん(38)は「ブラ ジルの汚職全般、特に政府の汚職に憤慨している」と述べ、政治危機の 悪化と経済の不振に抗議する意思を示した。

ブラジルでの大規模デモは今年に入りこれで3回目。失業者が増加 し汚職スキャンダルが広がる状況で、ルセフ大統領の支持率は歴代大統 領で最低の水準に落ち込んでいる。

原題:Brazilians Take to the Streets as Rousseff Assembles Allies (2)(抜粋)