天皇陛下:お言葉で「深い反省」に言及-全国戦没者追悼式

天皇陛下は15日、全国戦没者追悼式でのお言 葉で、「先の大戦に対する深い反省」に言及された。NHKは、同式典 でのお言葉に「反省」が盛り込まれたのは初めてと報じた。

陛下は「先の大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人 々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします」と発言。戦後の 歩みに触れた後、「ここに過去を顧み、先の大戦に対する深い反省と共 に、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い、全国民と共 に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心からなる追悼の意を表し、 世界の平和とわが国の一層の発展を祈ります」と述べた。

安倍首相は同式典での式辞で「歴史を直視し、常に謙抑を忘れませ ん」と述べたが、「反省」の文言は使わなかった。式典での天皇陛下と 安倍首相の発言場面はNHKが中継した。