IMF:人民元めぐる中国の動き歓迎-一段の相場柔軟化へ

国際通貨基金(IMF)は14日、人民元の価 値を市場実勢に連動させようとする中国の動きは、向こう数年以内のよ り自由な変動相場制実現の可能性に向けた歓迎すべき一歩だとの見解を 示した。

IMFアジア太平洋局のマーカス・ロドローラー副局長は電話会議 で中国の最新の措置について、「米ドルに連動し、しっかりと管理され た体制から、一層開放的かつ弾力的で、市場環境にもっと敏感に反応す る体制」への漸進的な移行に寄与すると指摘。人民元は2-3年以内に 「自由な変動」に移行すべきだと語った。

人民元相場は今週3%近く下げたが、元はもはや過小評価されてい ないとしたIMFの認識をロドローラー副局長はあらためて示した。同 副局長は、元が過去1年間に大幅に上昇したことに言及し、「過去数日 間の出来事はわれわれの見解の変更にはつながらない」と述べた。

中国人民銀行(中央銀行)が11日、市場を一段と重視する相場形成 への移行を発表したことを受け、元は今週2.9%下落。IMFは同日、 「為替相場の決定で市場実勢にさらに大きな役割を担わせることを容認 することになり、歓迎すべき一歩と受け止められる」としていた。

IMFは14日に公表した中国経済に関する年次審査報告で、中国政 府は資本市場の全面的な自由化に先立ち、実質的に人民元の変動相場を 実現すべきだと指摘した。

原題:IMF Calls China’s Yuan Moves Welcome Step to More Flexible Rate(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE