米消費者マインド指数:8月は92.9に低下、2カ月連続マイナス

8月の米消費者マインド指数は前月から低下 した。前月比での低下はこれで2カ月連続。

8月のミシガン大学消費者マインド指数(速報値)は92.9と、前月 の93.1から低下。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値 は93.5だった。

ミシガン大の消費者調査ディレクター、リチャード・カーティン氏 はブルームバーグの電話会議で「海外の問題の影響を受ける事態に備 え、消費者センチメントをもっと注意深く監視する必要がある。しか し、そうした影響を受けるとは予想していない」と語った。

現在の景況感を示す指数は107.1と、前月の107.2からほぼ変わら ず。6カ月後の先行き景況感を示す期待指数は83.8と、前月の84.1を下 回った。

1年先のインフレ期待値は2.8%で、前月と同水準。5-10年先の インフレ期待値は2.7%と、前月の2.8%から低下した。

統計の詳細はをご覧ください。

原題:Consumer Sentiment in U.S. Fell in August for Second Month (1)(抜粋)

--取材協力:Jordan Yadoo.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE