ジョンソン首位、松山4打差の15位、ウッズ出遅れ-全米プロ

男子ゴルフの今季メジャー最終戦、全米プロ ゴルフ選手権は13日、米ウィスコンシン州コーラーのウィスリングスト レーツ・コース(パー72)で開幕し、ダスティン・ジョンソン(米)が 6アンダーで首位に立った。

2位には1打差でダビド・リングマース(スウェーデン)がつけ、 ジェーソン・デー(豪)ら8人がさらに1打差の4アンダーで3位タイ に並んでいる。

日本勢ではメジャー初制覇を狙う松山英樹が2アンダーの15位タ イ。岩田寛は5オーバーで123位タイ、小田孔明は7オーバーの140位タ イとなっている。

また、メジャー通算15勝目を賭けて復活を期すタイガー・ウッズ (米)は3オーバーの86位タイと出遅れた。

原題:Dustin Johnson Deploys Brawn and Brains to Take PGA Lead (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE