ウクライナ:4-6月GDP、前年比14.7%減-縮小ペース鈍化

ウクライナでは1年半前からの経済縮小のペ ースが2015年4-6月(第2四半期)にやや鈍化した。同国の通貨フリ ブナは同四半期に対ドルで12%上昇。資本規制のほか、紛争が幾分和ら いだことが背景にある。

国家統計局が14日に電子メールで発表した4-6月国内総生産( GDP)は前年同期比14.7%減と、1-3月(第1四半期)の17.2%減 から縮小ペースが落ちた。季節調整済み前期比では0.9%のマイナス成 長。経済発展・貿易省は7-9月(第3四半期)にプラス成長に戻ると 予想している。

原題:Ukraine’s Economic Slump Slows as Government Sees Turning Point(抜粋)