NY外為(14日):ドルが週間で6月以来の大幅安

更新日時

ニューヨーク外国為替市場ではドルが週間ベ ースで2カ月ぶり大幅安。前向きな米経済データが発表されたものの、 中国の人民元切り下げの影響をめぐる懸念がドル相場を圧迫した。

14日の市場ではドルは下げを埋める展開。米生産者物価指数 (PPI)が市場予想を上回ったことが手掛かり。来週は米消費者物価 指数(CPI)が発表される。連邦公開市場委員会(FOMC)議事録 も公表され、利上げ時期に関するヒントが得られる可能性がある。人民 元は3日ぶりに上昇し、中国人民銀行(中央銀行)は相場の過度の変動 を防ぐため介入する意向を表明したものの、11日の元切り下げで混乱し た市場を落ち着かせることはできなかった。マレーシア・リンギット は1998年以来の大きな下げとなった。

スタンダード・チャータード(ニューヨーク)のシニアストラテジ スト、マイク・モラン氏は「中国の動きの余波はかなり長く続くだろ う」とし、「ドルは週を通じて軟化した。中国の動きを受けて、これが 特に9月に関して米金融当局の対応に影響し得るとの見方があった」と 述べた。

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポ ット指数は週間で0.3%低下と、6月19日以降で最大の下げとなった。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で0.1%安の1ドル =124円31銭。週間ではほぼ変わらず。対ユーロではこの日、1ユーロ =1.1109ドルに上昇した。

人民元切り下げの影響

ブルームバーグ・JPモルガン・アジア・ドル指数は今週2%近く 下げた。これは2011年以降で最大の下げ。特にリンギットが大きく値下 がりした。

この日発表された7月の米鉱工業生産指数は前月比0.6%上昇し、 PPIは0.2%上昇したが、人民元切り下げの影響は週を通じて続い た。

USフォレックスの法人為替責任者ケン・ウィルス氏は、中国が 「なぜあのような変更を行ったのか、市場は正確な意図を見いだそうと している」と分析。米利上げの時期については「インフレが見られない ことを考慮すると、9月はなお疑問の余地があると考えられる。他のデ ータは明るいが、鍵となるデータはインフレだろう」と続けた。

ブルームバーグのデータによれば、利上げ後に実効フェデラルファ ンド(FF)金利が平均0.375%になるとの仮定に基づけば、9月会合 での利上げ確率は48%とFF金利先物市場に反映されている。

ユーロ

ユーロは対ドルで今週は1.3%上昇。主要16通貨中15通貨に対して 値上がりした。

ユーロは、同通貨で調達した資金を高利回り資産に投じるキャリー 取引の解消やギリシャ議会による救済パッケージ承認に伴い上昇した。

ラボバンク・インターナショナルのシニア為替ストラテジスト、ジ ェーン・フォーリー氏(ロンドン在勤)は「ユーロは今年、資金調達通 貨に利用されている」とし、「リスク選好の度合いが低いことからキャ リートレードは機能しておらず、それがユーロを支える形となってい る」と述べた。

原題:Dollar Has Worst Week Since June as China Overshadows U.S. Data(抜粋)

--取材協力:Kevin Buckland、David Goodman、Netty Ismail、Andrea Wong.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE