NY金(14日):週間ベースで6月以来の大幅高、逃避需要

14日のニューヨーク金先物相場は週間ベース で2カ月ぶりの大幅上昇となった。逃避資産としての妙味が見直され た。

T&Kフューチャーズ・アンド・オプションズ(フロリダ州ポート セントルーシー)のマイケル・スミス社長は電話インタビューで、「為 替が変動すれば金に逃避すると今も認識されている」と指摘。「欧州経 済が減速しているため、欧州でも金が買われるだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比0.3%安の1オンス=1112.70ドルで終了。週間では1.7% 高と、6月半ば以降で最大の上げとなった。

銀とプラチナは下落。パラジウムは上昇した。

原題:Gold Caps Biggest Rally Since June as Haven Appeal Shines Again(抜粋)

--取材協力:Glenys Sim、Swansy Afonso.