ECBクーレ氏:ギリシャ特例を10月前に復活も、資金供給オペ

欧州中央銀行(ECB)のクーレ理事はギリ シャの銀行が10月までに同中銀の資金供給オペに再び参加できる可能性 に言及した。ドイツ紙ベルゼン・ツァイトゥングとのインタビューで語 ったもので、ECBが内容を14日ウェブサイトに掲載した。

ギリシャの銀行は資金繰りを2月以降、同国中銀が供給する緊急流 動性支援(ELA)に頼っている。新政権が救済条件を拒否したため、 ECBがオペの担保要件のギリシャ特例を撤廃したからだ。それから半 年を経て、ギリシャは改革を条件とする新たな救済パッケージで債権団 と基本合意。救済融資が実施されれば、初回査定が10月に予定される。

クーレ理事は10月よりも「早く行動する可能性はある」と言明。 「ギリシャの新プログラムには多くの『事前行動』が含まれている。政 策委員会にとっての疑問はこれらの措置がECBの基準を満たすのに十 分かどうかということだろう」と続けた。

その上で、ギリシャ特例についてECB政策委員会はまだ話し合っ ていないと付け加えた。次回の定例政策委員会は9月3日にフランクフ ルトで開催の予定。

原題:Coeure Says ECB Could Reinstate Greek Bank Waiver Before October(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE