新たなギリシャ救済プログラム、ユーロ圏財務相会合が承認

更新日時

ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)は14 日、総額860億ユーロ(約11兆8700億円)に上る第3次ギリシャ救済プ ログラムを承認した。ギリシャをユーロ圏にとどめる決意を示し、同国 の債務返済能力に関する疑念を退けた形だ。

新規の支援は3年にわたって提供される。ギリシャは約束した経済 改革を実行しなくてはならない。同国は2010年以降、2回のプログラム を通じて合計2400億ユーロ相当の救済を受けた。

ドイツのショイブレ財務相は14日遅くにブリュッセルで記者団に対 し、「ユーロ圏のメンバーであることは無条件ではなく、ギリシャには 多大な努力が必要だ」と述べるとともに、「あらゆる困難にもかかわら ず、ユーログループは一丸となってこの好機を生かしたいとの点で一致 した」と語った。

ドイツやオランダなどでは来週、対ギリシャ新規支援策の承認につ いて議会で採決を行う。メルケル独首相率いる連立与党は連邦議会(下 院)で安定多数を占めるが、与党会派内の造反議員にとって、議会採決 は同首相の危機対応への象徴的な反対姿勢を表明する機会となる。

ユーログループの声明によれば、初回分として約260億ユーロがギ リシャに供与され、うち100億ユーロは同国の銀行の資本増強のための ファンドに振り向けられる。

原題:Europe Reaches Agreement on New Rescue Package for Greece (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE