米国務長官:「過去の呪縛から解放された」-キューバ訪問

ケリー米国務長官はキューバの首都ハバナを 訪問し、54年ぶりに再開された米大使館での国旗掲揚式典に出席。両国 の指導者は「過去の呪縛を解く勇断を下した」と述べた。米国務長官の キューバ訪問は1945年以降で初めて。

ケリー長官は14日、大使館前に掲げられた星条旗の前で、「冷戦と いう暗い時代の政治の下で停止していた」半世紀余りを経て、「より前 向きな方向へと進む時が来た」と語った。

原題:Kerry in Havana Says U.S. and Cuba Aren’t Prisoners of Past (1)(抜粋)

--取材協力:Ezra Fieser、Sahil Kapur.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE