フランス:4-6月GDPは前期比変わらず、予想下回る

更新日時

フランスの経済成長率は4-6月(第2四半 期)に停滞した。欧州中央銀行(ECB)の金融刺激策や原油安にもか かわらずフランスの企業景況感と投資の回復には至っていない。

仏国立統計経済研究所(INSEE)の14日の発表資料によると、 4-6月の国内総生産(GDP)速報値は前期比変わらず。ブルームバ ーグの調査ではエコノミスト予想は0.2%増だった。1-3月期は0.6% 増から0.7%増に改定された。

4-6月期の消費支出は0.1%増にとどまった。1-3月期は0.9% 増だった。投資は0.3%減(1-3月期は変わらず)。輸出は1-3月 期の1.3%増に続いて1.7%増と改善。輸送機器がけん引した。

原題:French Economy Stagnates as Consumer Spending Barely Grows (1)(抜粋)

--取材協力:Barbara Sladkowska、Angeline Benoit.