中国株:上海総合が上昇、週間で2カ月ぶり大幅高-元安期待

更新日時

14日の中国株式市場で、上海総合指数は上 昇。週間ベースでは2カ月ぶりの大幅な上げとなった。商品関連銘柄を 中心に買われた。人民元下落が中国経済の下支えに寄与するとの観測が 広がった。

上海総合指数は前日比0.3%高の3965.34で終了。週間ベースでの上 昇率は5.9%となった。石炭生産会社の中国神華能源(601088 CH)は今 週15%値上がりし、エネルギー株の上げを主導した。人民元は前日比ほ ぼ変わらず。週間では中心レートの大幅引き下げを受けて3%下落し た。

申万宏源集団のセールストレーダー、ジェリー・アルフォンソ氏 (上海在勤)は、「中国国内では景気減速を考慮すると事実上の元切り 下げは妥当だったという見方が一般的なようだ」と指摘。「当局が追加 景気支援策を講じるとの見方も浮上している」と述べた。

CSI300指数は前日比0.1%安で引けた。香港市場ではハンセン指 数が0.1%安、ハンセン中国企業株(H株)指数は0.2%安。

原題:China Stocks Complete Best Week in Two Months Amid Yuan Turmoil(抜粋) Hong Kong Stocks Drop as Lenovo, Energy Cos. Slide; Citic Rises (抜粋)

--取材協力:Zhang Shidong.