独検察:ドイツ銀行の行員を訴追請求、脱税ほう助で-関係者

独フランクフルトの検察当局は、ドイツ銀行 の現職行員7人と元行員1人を二酸化炭素排出取引に関連し同行と顧客 の脱税を手助けしたとして訴追請求した。事情に詳しい2人の関係者が 明らかにした。

検察のアレクサンダー・バドレ報道官は13日、具体的な銀行名を挙 げず、2009、10両年の二酸化炭素排出取引に絡んだ付加価値税 (VAT)還付をめぐり当局を欺いたグループに加わった銀行員を訴追 請求したと説明。訴追プロセスは非公開だとして事情に詳しい関係者は 匿名を条件に、この銀行はドイツ銀行だと語った。

同報道官は記者団に対し、「VATに絡む計画に加担したことでこ の銀行の行員が訴追されるのは初めてだ。この銀行の行員が犯罪組織の 一員として脱税に関与した罪に問われるのも初めてだ」と語った。

フランクフルトに本店を置くドイツ銀は、「関連する全ての当局と 協力」しており、引き続きこの問題での調査を進めているとするコメン トを発表した。

原題:Deutsche Bank Employees Said to Be Charged in Carbon Probe (1)(抜粋)

--取材協力:Karin Matussek.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE