【個別銘柄】ネクソンや爆買いラオックス急伸、ヤマトH安い

更新日時

14日の日本株市場で、株価変動材料のあった 銘柄の終値は次の通り。

ネクソン(3659):前日比19%高の1950円。1-6月期(上期)の 連結純利益は前年同期比56%増の315億円だった、と13日に発表。中国 で主力PCオンラインゲームの「アラド戦記」が好調、全体の売り上げ が1割以上伸びたほか、為替差益の発生や韓国での未払法人所得税の一 部戻し入れなどが寄与した。野村証券は投資判断「買い」を継続、目標 株価を1750円から2200円に上げた。パイプラインの充実が具現化し始め た力強い決算、と評価している。

ラオックス(8202):6.9%高の529円。2015年12月期の連結営業利 益計画を45億5000万円から前期比5.2倍の90億円に上方修正する、と13 日に発表。訪日外国人観光客の順調な増加とショッピング人気、新店出 店などを背景に国内店舗事業の業績が大きく上向いたため。

ヤマトホールディングス(9064):3.1%安の2571.5円。7月30日 に公表した上限1000万株、金額で200億円の自社株買いが終了したと14 日午前に発表。目先の株式需給の好転期待が剥落した。7月末から8 月13日に取得した累計自社株は728万4300株、金額で199億9994万円だっ た。

コムシスホールディングス(1721):4%安の1699円。三菱UFJ モルガン・スタンレー証券は13日、投資判断を「オーバーウエート」か ら「中立」に下げた。NTTドコモ向けを中心にモバイル受注高の予想 を減額、プロダクトミックス悪化による売上総利益率の低下も見込 み、16年3月期の営業利益予想を285億円から250億円(会社計画280億 円)、来期を290億円から270億円に減額した。足元では、新規通信事業 者(NCC)部門の受注高が大幅なマイナスという。

ファーストエスコ(9514):7.1%安の650円。15年6月期の連結営 業利益は前の期比1.2%減の15億5300万円だった、と13日に発表。グリ ーンエナジー事業で木質チップの燃費低下により電力販売単価のバイオ マス比率が悪化、人員増強による人件費の増加やメンテナンス費用引当 金の積み増しなども響いた。16年6月期は3.4%減の15億円と連続減益 を計画する。

ニコン(7731):2.4%高の1664円。JPモルガン証券は13日、投 資判断を「中立」から「オーバーウエート」、目標株価を1500円か ら2100円に上げた。映像事業のリカバリー、高解像度の中小型液晶用露 光装置が高水準を維持するとみて、17年3月期の営業利益予想を250億 円から520億円に増額。純資産近辺での株価水準にも割安感とした。

アサツー ディケイ(9747):7%高の2875円。1-6月期(上 期)の連結営業利益は前年同期比38%増の29億3600万円だった、と13日 に発表。主力の国内広告売上高はほぼ横ばいだったが、賃借料や人件費 など販売・一般管理費のコントロールが奏功した。15年12月期計画の48 億円に対する進捗(しんちょく)率は61%。

アミューズ(4301):11%高の4580円。4-6月期(第1四半期) の連結営業利益は前年同期比87%増の26億9700万円だった、と13日に発 表。サザンオールスターズをはじめとしたコンサートグッズ、福山雅治 アルバムCDなど商品売上収入が増加、新譜の印税収入も増えた。43億 円を見込む16年3月期計画に対する進捗率は63%。

小野産業(7858):15%高の401円。建築・土木資材や太陽エネル ギー関連製品などを扱う商社の高島(8007)が13日、樹脂製品メーカー の小野産に対し株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表。産業資 材を中心とした製造分野への進出を図る。TOB価格は1株403円、買 い付け代金は最大で15億5600万円で、小野産はTOBに賛同している。 TOB価格へのさや寄せを見込む買いが入った。

フェローテック(6890):9%高の945円。4-6月期(第1四半 期)の連結営業利益は前年同期比42%増の8億3800万円だった、と13日 に発表。装置関連事業で半導体・液晶パネル製造装置向けの真空シー ル、製造工程で使われるマテリアル製品が堅調、電子デバイス事業では 自動車温調シートの増産が続く。

ブレインパッド(3655):18%安の653円。15年6月期の連結営業 利益は前の期比17%減の1億4900万円だった。マーケティングプラット フォーム事業を中心に売り上げは伸びたが、第4四半期にアナリティク ス事業の下振れ、人材採用費の増加が響いた。16年6月期も人材採用費 が利益を圧迫するとみて、前期比66%減の5000万円と連続減益を計画。

デザインワン・ジャパン(6048):11%高の5650円。8月末株主を 対象に1株を3株に分割する、と13日に発表。最低投資金額の低下によ り、新たな投資家資金の流入を見込む買いが膨らんだ。

スマートバリュー(9417):15%高の5350円。9月末株主を対象に 1株を2株に分割する、と13日に発表。最低投資金額の低下により、新 たな投資家資金の流入を見込む買いが膨らんだ。

キャンバス(4575):6.9%安の875円。13日に発表した15年6月期 の連結営業損失は2億8300万円と赤字が継続した、と13日に発表。た だ、開発用支出がなく、基礎研究費のみの支出だったほか、販売・一般 管理費も減り、前の期の4億8300万円からは損失が縮小した。16年6月 期は、パイプラインで最も先行する化合物CBP501に関する次相試験準備 のための開発費支出などの費用増が見込まれ、3億4300万円の営業赤字 を計画する。

イグニス(3689):700円(20%)安の2835円でストップ安。14 年10月-15年6月期の連結営業損益は3億1300万円の赤字と、前年同期 の3億5000万円の黒字から悪化したと13日に発表。主力の無料ネイティ ブアプリで月1回以上の利用ユーザー数(MAU)が減少、広告単価の 低い海外MAU比率の高まりで、広告収入も減った。全巻無料型ハイブ リッドアプリでも、課金モデルの収益性が想定より低水準で推移した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE