安倍談話:「おわび」表明した歴代内閣の立場、揺るぎない-戦後70年

更新日時

安倍晋三首相は14日夕の記者会見で戦後70年 談話(安倍談話)を発表した。先の大戦での日本の行いに対して「反 省」と「おわび」を表明した歴代内閣の立場は「揺るぎない」との見解 を示した上で、次の世代が謝罪を続ける「宿命を背負わせてはならな い」とも語った。

政府はこれに先立つ臨時閣議で談話の内容を決定し、首相が読み上 げた。その後の質疑応答で首相は、おわびの気持ちは「戦後の内閣が一 貫して持ち続けてきた。私の内閣においても揺るぎない気持ちで引き継 いでいく。おそらく今後の内閣もそうだろう。そのことを今回の談話の 中で明確にした」と述べた。

先の大戦での日本の行為が侵略に当たるかについては「日本の行い が侵略という言葉の定義に当てはまれば駄目だが、当てはまらなければ 許されるというものでもない。具体的にどのような行為が侵略にあたる か否かについては歴史家の議論にゆだねるべき」と述べ、明言しなかっ た。中国に対しては「戦後70年にあたってのわが国の率直な気持ちをあ りのまま受け止めてほしい」と語った。

1995年の村山富市政権が発表した戦後50年談話は過去の「植民地支 配と侵略」に対し、「痛切な反省の意を表し、心からのおわびの気持 ち」を表明。戦後60年の2005年に発表した小泉純一郎首相談話もこうし た表現を踏襲しており、安倍談話がこうしたキーワードに言及するかが 焦点だった。

安倍談話は、「事変、侵略、戦争」などの武力による威嚇や行使は 「もう二度と用いてはならない」と指摘。「植民地支配から永遠に決 別」する方針も示した。村山談話を念頭に、「わが国は、先の大戦にお ける行いについて、繰り返し、痛切な反省と心からのおわびの気持ちを 表明してきた」と言及した。先の大戦への「深い悔悟の念」との文言も 新たに盛り込んだ。

談話発表を受け、民主党の岡田克也代表は記者会見で、「侵略」や 「心からおわび」などのキーワードは「いずれも引用という形で述べて おり、首相がどう考えているかは伝わってこない。自身の考えをしっか りと述べられるべきだった」と語った。NHKが岡田氏の発言場面を放 映した。

有識者会議

安倍首相が設置した有識者会議が6日発表した報告書は、20世紀の 歴史を振り返り、「日本は、満州事変以降、大陸への侵略を拡大」と指 摘。「特に1930年代後半から、植民地支配が過酷化した」と続けた。戦 後日本の歩みは30年代から40年代前半の行動に対する「全面的な反省の 上に成り立っている」と指摘したが、「おわび」については村山談話を 引用する形で触れるにとどめた。

自民党の稲田朋美政調会長は11日、BSフジの番組で、談話につい て「侵略という言葉が入っているかにこだわる必要はない」と明言し、 「未来永劫(えいごう)、謝罪を続けるのは違う」とも語っていた。