NY原油:反落、一時42ドル割れ-供給超過の深刻化を警戒

13日のニューヨーク原油市場でウェスト・テ キサス・インターミディエート(WTI)先物は反落し、6年ぶり安 値。石油輸出国機構(OPEC)の生産増加と中国景気に減速の兆候が 出てきていることを受け、世界的な供給超過はさらに深刻化するとの見 方が広がった。

コンサルティング会社ショーク・グループ(ペンシルベニア州ヴィ ラノヴァ)のスティーブン・ショーク社長は「原油について強気シナリ オを描くことは本当に難しい」と話す。「6年ぶり安値を割り込め ば、39ドルが射程内に入るだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前日 比1.07ドル(2.47%)安い1バレル=42.23ドルで終了。一時は41.91ド ルまで売り込まれ、2009年3月以来の安値を付けた。

原題:Crude Oil Slides to Six-Year Low on Signs Global Glut to Worsen(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE