韓国中銀:政策金利を過去最低の1.50%に据え置き-予想通り

更新日時

韓国銀行(中央銀行)は13日、2カ月連続で 政策金利である7日物レポ金利を過去最低の1.50%に据え置くことを決 めた。景気の状況と中国人民元の実質切り下げによる影響を見極める。

ブルームバーグのアナリスト調査では、16人中全員がこの結果を予 想。韓国中銀はここ1年間で4回の利下げを行い、計1ポイントを引き 下げていた。

金融緩和策はこれまで成長押し上げに至っておらず、4-6月(第 2四半期)の国内総生産(GDP)は前期比0.3%増にとどまったほ か、輸出は今年に入り毎月減少している。人民元の実質切り下げを受け て、韓国当局は金融市場のボラティリティ(変動性)を注視。元切り下 げは韓国製品の輸出にとってリスクとも好機とも受け取られている。

NH投資証券の債券アナリスト、パク・ジョンヨン氏(ソウル在 勤)は政策発表前に、「韓国中銀は、最近の利下げと補正予算が予想通 り経済成長を支えるかどうか様子見の姿勢を取るだろう。ただ、利下げ がもはや選択肢でないとは言い難い」と指摘した。

原題:Bank of Korea Holds Its Key Interest Rate at Record Low (抜粋)

--取材協力:Eunkyung Seo、Myungshin Cho、Whanwoong Choi.