米利上げは9月説がなお有力、人民元切り下げ後も-調査

中国が予想外の通貨切り下げを実施し国際市 場の見通しが不透明になったものの、エコノミストらは米金融当局が9 月に政策金利を引き上げるとの見方を変えていない。

ブルームバーグが8月7-12日に実施した調査によると、回答者 の77%は来月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で2006年以来で初と なる利上げが決定すると予測している。7月の調査時は76%だった。調 査対象者には中国の通貨切り下げ後に回答を修正する機会が与えられ た。

11%は12月の初回利上げを予測している。10月の利上げを見込んだ 回答者は8%だった。10月のFOMCは会合後に記者会見が予定されて ない。

アトランタ連銀のロックハート総裁やセントルイス連銀のブラード 総裁は最近、景気の回復状況に自信を見せており、ニューヨーク連銀の ダドリー総裁は「近い将来」の利上げを期待していると述べた。

原題:September Fed Rate Rise Seen as Economists Shrug Off Yuan (1)(抜粋)