ブルームバーグ米消費者信頼感、2カ月ぶり低水準付近

米国の消費者信頼感は2カ月ぶりの低水準付 近にとどまった。信頼感押し上げには安定的な雇用増加や燃料値下がり 以外の要因も必要となることが示唆された。

13日発表された9日終了週のブルームバーグ米消費者信頼感指数は 前週からほぼ変わらずの40.7。前週は6月初旬以来の低水準となる40.3 だった。項目別指数のうち、消費環境の指数は改善したものの、景況感 と家計の指数は停滞した。

消費環境の指数は3週間ぶり高水準の37.1と、前週の35.5から上昇 した。一方、景況感の指数は32に低下(前週は32.7)。家計の指数 は52.8と、前週の52.6からほぼ変わらず。

原題:American Consumers’ Confidence Hovers Around Two-Month Low (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE